2011年 03月 22日

田代島猫景色(続編 17) 猫たちの無事を祈って

田代島でも、ある程度の津波の被害は免れず
島民の方がお一人行方不明だということ、
そして港の牡蠣小屋が流され、
港にいる猫たちの中にも流された子たちがいるらしいということが
わかってきました。

港の辺りをすみかにしていた猫たち。
裏山にうまく逃げてくれただろうか?
猫の鋭い直観で危険を察知して移動してくれていただろうか?

番屋の周りでよくじゃれ合っていたタロウとパンダ。
d0149713_23374361.jpg
d0149713_23375647.jpg
d0149713_23381118.jpg

うまく逃げられただろうか?
d0149713_23405696.jpg

いま、どこにいるのだろう?
d0149713_23454256.jpg

どうか 無事でいてくれますように。
どうか 無事でいてくれますように。



-------------------------------------------------------------------
東北地方太平洋沖地震による田代島の最新状況はこちらです。
http://naochago.exblog.jp/13107859/

by naochago | 2011-03-22 23:48 | 田代島猫景色 続編 | Comments(8)
Commented by ブチ at 2011-03-23 06:18 x
島の方一名 港の猫ちゃん 流されちゃったんですかっ?!悲しいです。番屋の猫ちゃん達も皆が 山まで逃げていてくれれば…涙 出ますよね。津波が来る もっともっと前に分かって警報が もっともっと前に鳴れば…皆が助かったのに…
流された猫ちゃん達の 御冥福を御祈りします。天国で今頃 猫ちゃん達、遊んでるかな…これから島を見守ってくれるはずです
Commented by オッドアイ at 2011-03-23 10:40 x
私が島を訪れた去年9月、パンダちゃんは子育て中でした。
番屋での可愛い親子姿が思い出されます。あの子猫達と共に生き延びていて欲しい・・・切に願います。。
Commented by naochago at 2011-03-24 00:06
プチさん
コメントありがとうございます。
そうなんです。マリンライフという民宿のご主人によれば
「港の猫が数匹流された」ということらしいんです・・・
どの程度だったのか、まだ詳しくは分からないんですが。
きっと見守ってくれますよね。
Commented by naochago at 2011-03-24 00:08
オッドアイさん
去年の9月に行かれたんですね。パンダ、子育て中でしたか。
一昨年の春先はまだ大人になったばかり、という感じでしたが、
去年は母猫姿も板について来たところですよね。
無事を祈ります。
Commented by ブチ at 2011-03-24 04:26 x
そうなんですか…港の猫ちゃん達…あぁ もう考えるだけで胸が痛いですね。
Commented by 天河 at 2011-03-24 11:20 x
何とかして今すぐにでも行ってみたい気がしますが、あちらの受入体勢もわからないのに押しかけるワケにはいかず、第一福島の「関所」越えが大変ですよねぇ。
何とか無事でいて欲しいものです。
Commented by naochago at 2011-03-25 00:12
プチさん
そうですね。無事でいてくれることを祈るばかりです。
Commented by naochago at 2011-03-25 00:19
天河さん
コメントありがとうございます。
今日、東北道で一般車両の通行がOKになったそうです。
高速道路は内陸部ルートで「関所」を通らないのでOKになったんでしょうねぇ。
港や番屋にいる猫たちの中でも、例の左耳が垂れているジャックじゃない
猫なんかは、自分の通り道を持っていて、港だけじゃなくて裏山にも
のぼって阿部ツ商店のあたり(って天河さんに向かって言ってもなんですが・・笑)
にもよく行っているんですが、タロウとかパンダとかは、ず〜と番屋や
港周辺から離れない猫たちなので、本当にとても心配しています。
どうか、無事でいてくれますように。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 田代島猫景色(続編 18) 猫...      田代島猫景色(続編 16) 東... >>