2011年 03月 30日

田代島猫景色(続編 19) 猫たちの無事を祈って (3)

港の朝
いつもの猫
d0149713_2331340.jpg


いつもの漁師さん
いつものおかみさん
いつもの田代島の風景
d0149713_2333589.jpg


港の夕方
旅人たちが みな
「時間が止まったような・・・」
と口にするこの島の風情 猫たちとの生活
d0149713_236945.jpg

どうして愛せずしていられようか。


------------------------------------------------
被災地では、動物たちも困難に直面しています。
尊き人命と共に その愛すべき家族の一員でもあるコンパニオンアニマルたちもまた
大きな支援を必要としているのです。

一緒に避難できないがために 置き去りにされてしまう命があるのです。
置き去りにせざるを得なかった家族にも
置き去りにされた動物達にも
深い悲しみだけが残ります。

少しでも そんな悲しみを減らしたい。
naochago は心の底から そう思います。
同じように そう思っていただける方。
「災害時の愛玩動物同伴可能の避難所の確保と増加及び、
 愛玩動物入居可能の仮設住宅の確保と増加と建設を求める署名」
にぜひご協力ください。
署名はこちらからです。


もうひとつ。
naochago が個人的にサポートしている JCDL では、被災地から一緒に避難できない
動物たちを受け入れることを表明し、そのための義援金の援助をお願いしています。
ご賛同いただける方は ぜひご協力をお願いいたします。
以下、JCDL の告知より転載。

この度、JCDLでは、遠方な上若干数になってしまいますが、被災されたワンちゃん・猫ちゃん
またその御家族様の一時避難場所としてシェルターの一部を無料でお使い頂けるよう準備を
進めております。しかしながら、やはり『シェルター』という場所になりますので、電化製品や
新しいドッグラン等の設備が整っていないのが現状です。そういった設備を整える為、
また受け入れる方々へ少しでもお手伝いが出来るよう義援金を受け付けたいと考えております。
一日でも早く一匹でも多くのワンちゃん・猫ちゃん達が温かいお家に/御家族様の元へ戻れるよう、
被災された方々のお手伝いが少しでも出来ればと思い行動しようとしています。微力な事しか
出来ませんが、皆様と一緒に復興へ向けて歩んでいきたいです。また、このメールを受け取られ、
周りの方でもしお困りの方がいらっしゃいましたら、被災地からは遠方となってしまい
大変申し訳ございませんが、一度御検討頂くようお伝え下さい。何卒、御力添え宜しくお願い致します。
◆三井住友銀行:梅田支店 普通 4079803 JCDL代表 門田充博
◆郵便口座 記号:14160 番号74503931 トクヒ)ドウブツアイゴシミンダンタイジェーシーディーエル

特定非営利活動法人
動物愛護市民団体 JCDL 理事長 門田充博
大阪府 吹田市
e-mail : npo@jcdl.jp
http://www.jcdl.jp/

by naochago | 2011-03-30 03:01 | 田代島猫景色 続編 | Comments(7)
Commented by ブチ at 2011-03-30 03:53 x
にゃんこザムービー4 見ました~ジャック いなくなったんですね。ネイチャーの強さ
あぁ 田代島…早く また いつもの平和な田代島に戻ってくれるといいなそして 田代島に遊びに行ってみたい。それか田代島に住みたいと思いました
Commented by じゃじゃまる at 2011-03-30 15:30 x
動物愛護団体への寄付は、考えていましたので
今日、さっそく微力ながらもお手伝いすることができました。
どちらに?と迷いがありましたので、きっかけをありがとうございました。

動物たちにも穏やかな日々がくることを祈ります。
Commented by かん1 at 2011-03-31 22:36 x
ペット同伴の避難所と仮設住宅の告知、本当にありがとうございます。
今もなお被災地では、ボランティアの方が現地でレスキュー中、1匹でも多く救うと奮闘されています。微力ながら私も団体に寄付させていただいているのですが、本日JCDLさんのお手伝いをしたいと思います。ありがとうございました。

連日田中さんのブログは拝見させていただいております。
沢山の情報をいただいて、心から感謝しています。
なかなか苦しくてコメントが書けず…の日々でしたが、やっと本日書く事ができました。

会社に来る野良猫が、昨日外で亡くなっていて、親切にお隣の方が教えてくれましてね。牛柄だったので、モーモーちゃんと名付けて約2年、臆病な子で最初は数十メートル先からこっちを見る、そんな子でしたが、今では30cmも離れずで。最後まで触る事はできませんでしたが、信頼してくれていました。

2へ

Commented by かん2 at 2011-03-31 22:40 x
亡骸は白地の身体がグレーになるぐらいに汚れていて、何があったのかショックと共に、被災地の多くの生き物たちを瞬時に連想しました。既に亡くなってしまった子たちが、どのくらい飼い主さんに見つけてもらえたのかと…また、飼い主さんの気持ちを思うと、辛すぎます。
モーちゃんが最期をここにしてくれた事、愛しさと共に感謝の気持ちで胸がいっぱいで、本当に私は幸せ者だと思いました。会社で通夜をし、夕方両国の回向院でお葬式をして参りました。生前に同じ場所で頑張って生き、亡くなった野良ちゃんたちと同じ納骨堂に納骨しますので、もう急がずゆっくりと安らかに穏やかにねと願うばかりです。

飼い主という存在の無い子たちも多く被災しています。また、飼い主が居た子たちは路頭に迷い、野良化しつつあります。それでも、11日から生きながらえている事は、奇跡に近いと感じます。
まずは避難所体制がペット可の箇所が出来るだけでも、事は随分違うと思います。市や区などの地区ごとに、せめて1箇所でもいいから…と。全国的に基準を定める事を念頭に、署名活動をしました。
新潟市の西総合スポーツセンター避難所のように、体制が整っていたらと願います。
長々と失礼しました。
Commented by naochago at 2011-04-05 04:07
プチさん
コメントありがとうございます。返信遅くなってごめんなさい。
にゃんこザムービーの4番見たんですね。いろんなことを感じられたと思います。
田代島は、じきにまたいつもの田代島に戻ると思います。
住んでみたいと思いました? そうですね。
これから先僕らは、長い目でライフスタイルを見直していく必要があるかもしれません。
そんな視点でみたら、住んでみるべき所かもしれないですね。(^^ゞ
Commented by naochago at 2011-04-05 04:09
じゃじゃまるさん
レス遅くなってごめんなさい。
愛護団体はいろいろあるようですね。いろんな話もききますし、迷うことも多いですね。
法的な整備もまだ不十分だったり、様々な課題があるのだと思います。
JCDLは小規模ですが、naochago はしばらく前からお付き合いがあります。
今回、猫2匹のテンポラリーな里親を申し出ています。
Commented by naochago at 2011-04-05 04:17
かんさん
コメントありがとうございました。美和さんからお話を伺っておりました。
モーちゃんのこと、本当に残念です。
彼らと関わることは、本当に辛いことがたくさんありますが、同時にやはり
かけがえのない絆を教えてくれるのもまた彼らのチカラです。
そのことにコミットして責任を持ち行動されているかんさんに心から
敬意を表します。
モーちゃんが安らかに、そして肉体の制約をはなれて身軽になり
軽やかにかんさんの元をまた訪れてくれますように。

僕らはこれまでに無い規模の災害に直面しています。
これから、現地の人々の心のケアも大きな課題になってきます。
さまざまな取り組みの中で、動物たちの命も守っていきたい。
そのために必要なことを模索してきたいと思います。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 田代島猫景色(続編 20) 今...      田代島猫景色(続編 18) 猫... >>