Cats in Town Blog

naochago.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 03月 30日

田代島猫景色(続編 19) 猫たちの無事を祈って (3)

港の朝
いつもの猫
d0149713_2331340.jpg


いつもの漁師さん
いつものおかみさん
いつもの田代島の風景
d0149713_2333589.jpg


港の夕方
旅人たちが みな
「時間が止まったような・・・」
と口にするこの島の風情 猫たちとの生活
d0149713_236945.jpg

どうして愛せずしていられようか。


------------------------------------------------
被災地では、動物たちも困難に直面しています。
尊き人命と共に その愛すべき家族の一員でもあるコンパニオンアニマルたちもまた
大きな支援を必要としているのです。

一緒に避難できないがために 置き去りにされてしまう命があるのです。
置き去りにせざるを得なかった家族にも
置き去りにされた動物達にも
深い悲しみだけが残ります。

少しでも そんな悲しみを減らしたい。
naochago は心の底から そう思います。
同じように そう思っていただける方。
「災害時の愛玩動物同伴可能の避難所の確保と増加及び、
 愛玩動物入居可能の仮設住宅の確保と増加と建設を求める署名」
にぜひご協力ください。
署名はこちらからです。


もうひとつ。
naochago が個人的にサポートしている JCDL では、被災地から一緒に避難できない
動物たちを受け入れることを表明し、そのための義援金の援助をお願いしています。
ご賛同いただける方は ぜひご協力をお願いいたします。
以下、JCDL の告知より転載。

この度、JCDLでは、遠方な上若干数になってしまいますが、被災されたワンちゃん・猫ちゃん
またその御家族様の一時避難場所としてシェルターの一部を無料でお使い頂けるよう準備を
進めております。しかしながら、やはり『シェルター』という場所になりますので、電化製品や
新しいドッグラン等の設備が整っていないのが現状です。そういった設備を整える為、
また受け入れる方々へ少しでもお手伝いが出来るよう義援金を受け付けたいと考えております。
一日でも早く一匹でも多くのワンちゃん・猫ちゃん達が温かいお家に/御家族様の元へ戻れるよう、
被災された方々のお手伝いが少しでも出来ればと思い行動しようとしています。微力な事しか
出来ませんが、皆様と一緒に復興へ向けて歩んでいきたいです。また、このメールを受け取られ、
周りの方でもしお困りの方がいらっしゃいましたら、被災地からは遠方となってしまい
大変申し訳ございませんが、一度御検討頂くようお伝え下さい。何卒、御力添え宜しくお願い致します。
◆三井住友銀行:梅田支店 普通 4079803 JCDL代表 門田充博
◆郵便口座 記号:14160 番号74503931 トクヒ)ドウブツアイゴシミンダンタイジェーシーディーエル

特定非営利活動法人
動物愛護市民団体 JCDL 理事長 門田充博
大阪府 吹田市
e-mail : npo@jcdl.jp
http://www.jcdl.jp/

by naochago | 2011-03-30 03:01 | 田代島猫景色 続編


<< 田代島猫景色(続編 20) 今...      田代島猫景色(続編 18) 猫... >>