2011年 04月 05日

田代島猫景色(続編 21) 田代島最新情報

3月31日に田代島を訪問したメディア記者の記事がこちらに掲載されています。

http://response.jp/article/2011/04/04/154264.html

猫たちの写真が載っています。
いつものタマゴかけご飯ではなく、キャットフードをあげている畠山さんの姿が写っています。
この写真をみて naochago は、なじみの猫の姿にちょっと安堵すると共に、
畠山さんのところに集まっている猫たちの数の少なさにちょっと心配を感じています。
普段の3分の1以下でしょうか。
この写真が撮られた背景が分からないので何とも言えません。例えば猫たちが集まらない時間に、
訪問した記者が頼んでキャットフードをあげるシーンを撮影した可能性もあります。
まあ、詳細がわからない写真を見て一喜一憂してもしょうがないのですが、いつも港にいる猫の姿が見えたことは朗報です。

by naochago | 2011-04-05 12:20 | 田代島猫景色 続編 | Comments(14)
Commented by machineko at 2011-04-05 15:17 x
記事の中の「田代島も10m強の高さを持つ津波に襲われており、海岸周辺部の建物は甚大な被害を受けている。」という部分に、心臓がキュっとなりました。
確かに集まっている猫の数がとても少ないですね。
それがnaochegoさんの推察通りでありますように。
全容が分からないというのは、ほんとうに辛いです・・・・・
Commented by ふのり at 2011-04-05 21:32 x
こんな時にもいつもと変わらね畠山さんの優しさに感謝してます…たしかに猫さんたち少ないかもしれない でも坂道昇ったかなり上のところにも一族はいるし 2月おじゃました時にはその一族の中にいつもは浜にいる子が混じっていて…あらら キミどうしてここへ!?と問いかけてしまいました…いつになったら元気な顔に会えるのかな?
ゴンザレスがいないのが気になります…
Commented by ねこ太郎 at 2011-04-06 15:18 x
naochagoさん、先日はブログの方に情報頂きまして、ありがとうございます!
ご指摘頂いたように、タロウらしき猫の存在も嬉しかったですが、港付近にもまた猫が戻ってきている様子が、なんとも頼もしいですね。津波なんかに負けずに、どんどん増えて欲しいです!
Commented by ブチ at 2011-04-06 22:57 x
ご無沙汰してます。最近 家の猫ちゃんが老衰で天国に逝きました。田代島の猫ちゃん達 これから少しずつでも平和なもとの生活に戻りますよう…祈ってます!
Commented by naochago at 2011-04-06 23:34
machinekoさん
やはり10メートル級が来たんですねぇ・・。
新聞の報道で「堤防を越えて来た波」という一節があったので
7〜8メートルは来たんだな、と覚悟していましたが。
畠山さんが持っているボールの中のキャットフードが少ないのが、
もうあげちゃった後か、記者に頼まれてちょっとだけそのあたりにいる
猫たちにあげている、と解釈したいと思っている naochago です。
Commented by naochago at 2011-04-06 23:37
ふのりさん
コメントありがとうございます。本当にそうですね。
島の人たちは、いつも通り猫たちを見守りながら暮らしているだろうなぁ、と思います。
阿部さんとこの黒猫たちは津波の被害を受けていないから大丈夫でしょうね。ゴンザレスはどこにいるのか・・・
いつになるのか分かりませんが、はやく会いに行きたいものです。
Commented by naochago at 2011-04-06 23:41
ねこ太郎さん
コメントありがとうございます。
そうですね。半壊した牡蠣小屋らしきところを歩いている猫が写っていますね。
気仙沼が相当な被害なので、番屋の漁師さん達は来ていないだろうと
思うんですが、それでも猫たちが港に戻っているのは、
島の方々の漁船が動けるようになっているのかもしれないですね。
ここからは元気に回復していって欲しいものです。
Commented by naochago at 2011-04-06 23:46
プチさん
お久しぶりです。家の猫ちゃんのこと、ほんとうに残念です。
naochago は、愛猫を見送って3年ほどの時間が経ちますが、
悲しさは消えるものではありません。お気持ちお察しします。
同時に、今ではいつも身近にいる感覚もあります。
きっとプチさんの猫ちゃんもプチさんの心の中にずっといてくれるでしょう。
心からご冥福をお祈りします。
お名前はなんとおっしゃったのですか?
天国に行ったら naochago の愛猫カプチーノとも遊んであげてください。
Commented by じゃじゃまる at 2011-04-08 08:38 x
そうですね・・・
まだわからない子たちがいますね・・・。
そうですよね。
一喜一憂しても 仕方ない・・・。
Commented by naochago at 2011-04-10 15:20
じゃじゃまるさん
詳細がわからないので何とも言えないですね・・・。
この報道から分かることは、
・少なくとも10メートル規模の津波はやっぱり来て、港周辺ではある程度の被害は避けられなかった。
・記者が見る限り、ある程度の数の猫たちがいて、猫たちは生き延びたという印象を持った。
ということですね。
畠山さんにご飯をもらっている猫たちの数が少ないのが心配ではありますが、
同時にその中にタロウの姿が見えることが naochago にとっては
希望でもあります。
タロウはいつも番屋と港周辺にいて、畠山さんのうちにご飯をもらいにいくことは
まずなかった猫です。
そのタロウの姿が見えると言うことは、タロウが津波の前に港から
移動したと考えられるので、猫たちが津波を察知したのではないか、
と思えるのです。
同時に畠山さんのうちで今ご飯をもらっていると言うことは、
まだ船が動けない状態が続いていて漁に出られないのかなぁ、とも
思えます。気仙沼からの漁師さん達は来ていないでしょうし。
まあ、これも含めて僕の推測なのですが。
Commented by torazo0715 at 2011-04-10 19:56 x
IGでお世話になっております、torazo0715です。
突然のコメント、失礼いたします。

ご存知だとは思いますが、昨日の読売新聞に
田代島の猫の記事がありましたので
報告まで^^

田代島をPRするNPO法人主宰 日下啓一さん(61)のお話です。

要約すると、
「島の被害は、一人が行方不明、猫数匹が死んだほかは
港の岸壁が1メートルほど沈下し、本土とを結ぶフェリーは
一日一便に減りましたが、本土と比べると軽微だと言えるでしょう。」

猫の犠牲が数匹あったのは残念です。
でも、きっとまた活気を取り戻し
観光地としての魅力をまた発揮できると
信じています。

では、またIGで^^
Commented by ブチ at 2011-04-11 04:39 x
田代島…きっと また すぐ 今までの平和な田代島に戻りますよね数匹 流されてしまった猫ちゃん達と naochagoさんのカプチーノちゃんと うちの シャンプーとリンス…そして色々な猫ちゃん達、きっと天国で遊んでるだろうなぁ
Commented by naochago at 2011-04-11 21:10
torazo0715さん
ブログにコメントありがとうございます〜。
おお、そんなNPO法人があったのか!と調べてみましたら、
民宿マリンライフのご主人だったんですね。
NPO法人を主宰されているとは全然知りませんでした。
新聞にも記事が出ていたんですね。知らせてくださってありがとうございます。
港の「どの猫」が被害にあったのかが気になったりする naochago です。苦笑
僕らでも不安を感じる余震が続く中、島の暮らしが早く落ち着いて暮れるよう願うばかりです。

Commented by naochago at 2011-04-11 21:15
ブチさん
シャンプーちゃんとリンスちゃんだったんですね。(^^
数多くの方々の数多くの愛猫たちが、天国ではいっしょに仲良く遊んでいるだろうなぁ、と思います。
その中に田代島の猫たちもきっと一緒でしょう。

naochago はカプチーノがいつもそばにいてくれていると感じています。
きっとシャンプーちゃんとリンスちゃんもブチさんの心の中にいつも
一緒にいてくれることでしょう。
すべての猫たちに心から愛情を送ります。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 田代島猫景色(続編 22) O...      田代島猫景色(続編 20) 今... >>