Cats in Town Blog

naochago.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 04月 12日

田代島猫景色(続編 22) One Month After

記事を書いた後で下記の情報を見つけたので割り込みます。
今週末に田代島に行ってこられた方のブログです。
仙台在住で災害ボランティアで石巻に行かれ、田代島に知人もいらっしゃるそうで、猫のエサも届けてくださっているようです。
http://d.hatena.ne.jp/neko-nikki/20110412/1302540625#c
港はだいぶ片付いてきたようです。やっぱり田代島のみなさんは、淡々と毎日の生活を送り
少しずつでも着実に島の暮らしを取り戻しつつある! 涙出てきますね。
一番下の写真、右端に番屋の若い漁師がまゆみちゃんと名付けた子、真ん中に
ちょびひげ(女の子のはずですが)の見慣れた子の顔が見えます。
田代島のことをよく知っている方の更新情報と写真に naochago は少しほっとしています。
-------------------------------------------------------------------------

未曾有の災害が起きた日からちょうど 1ヶ月が経ちました。
とある若手のベンチャー経営者の方がこんなことを言っていました。
「一ヶ月前の今頃は、まだ津波は来ていなかった。みんな元気だった。
 考えれば考えるほど辛いけど、想像することをやめてはいけないと思った。」

取り戻せるもの
取り戻せないもの
新しく創るもの
手放すもの

いなくなってしまった猫
新しく生まれてくる猫

田代島は、きっと以前と同じような猫たちとの暮らしに戻っていくだろう。
あの猫は無事でいるだろうか。
気仙沼の漁師さん達はどうしているだろうか。
島の漁船は治っただろうか。

来年の今頃、どんなことを想い どんな気持ちでこの1ヶ月を振り返っているだろうか。

d0149713_0381535.jpg


-------------------------------------------------------------------------
「災害時の愛玩動物同伴可能の避難所の確保と増加及び、
 愛玩動物入居可能の仮設住宅の確保と増加と建設を求める署名」
にぜひご協力ください。
署名はこちらからです。


by naochago | 2011-04-12 00:42 | 田代島猫景色 続編


<< 田代島猫景色(続編 23) 牡...      田代島猫景色(続編 21) 田... >>