Cats in Town Blog

naochago.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 04月 15日

田代島猫景色(続編 23) 牡鹿半島沿岸部に救援を。

田代島の様子は、実際に現地に行かれた「ねこにっき」のゆうさんの記事で随分わかってきました。
港周辺の建物は津波の被害を受けましたが、島の方々は徐々にいつもながらの島の暮らしを
取り戻しつつあること、いつも番屋の周りにいる猫たちの姿がちらほら見られること・・・
naochaogo は、どうやら田代島らしさを失っていない姿に少しだけ胸をなで下ろしています。

「ねこにっき」さんの写真に写っていたちょびひげちゃんです。この写真は丁度1年前。(^^ゞ
d0149713_3391681.jpg



同時に・・・
田代島の隣の網地島では、田代島以上に多くの方々が暮らしており、水道が復旧していないので
井戸水をくみ上げるのに高齢者の方々がかなり難儀していらっしゃる様子が聞こえてきます。
さらに、港が大きな被害を受けたため、牡鹿半島の先端にある鮎川は、まだ網地島ラインのフェリーが
運行されていないということです。石巻から田代島、網地島まではいち早く運行再開してくださった
網地島ラインが、鮎川港まではまだ運行できない状態なのです。
このことが何を意味するか。

naochago の田代島猫景色を買ってくださった方は、「6月某日」の所を開いてください。
「牡鹿半島の先端へ向かう航路は内海で距離も近いので結構になることは希だが、今日はすべて停まってしまった。」
と書きました。
実は、前日は田代島〜網地島〜鮎川の間は運行していました。動いている間に帰ろうと思えば帰れたのですが
naochago は帰りませんでした。
どうしても帰らなければならない事情がなかった、ということもあるのですが、大きな理由は、鮎川から
石巻まで陸路をバスで戻るのは、フェリーよりも遙かに時間がかかってシンドイ、という理由だったのです。
石巻から鮎川まで、海の際をくねくねとつづる県道2号線を車で走っていくのは大変です。洋上を直線で
移動するフェリーよりも遙かに走行距離がかさみ、時間も倍以上かかります。
震災後道路が陥没したり崩れていたりする現状ではなおさらです。

つまり、牡鹿半島の沿岸部は、先端に行けば行くほど、陸の孤島の状態だということなのです。
実際にこのような声が聞こえてきます。
http://blog.goo.ne.jp/prayforoshika/e/777cdc74c2462f9f33b011c8162a9b62
http://blog.livedoor.jp/hbs/
http://blogs.yahoo.co.jp/sakurai4391/34488383.html

交通事情が改善されつつある地域では必要最低限の物資は間に合い始めているようですが、
逆に交通事情が厳しい地域は取り残されて十分な援助が届いていないところもあるのです。
このことをしっかりと認識して、対応策を考え訴えていかなければなりません。
どうか、このような地域がまだあることを心の片隅に留めてください。

-------------------------------------------------------------------------
「災害時の愛玩動物同伴可能の避難所の確保と増加及び、
 愛玩動物入居可能の仮設住宅の確保と増加と建設を求める署名」
にぜひご協力ください。
署名はこちらからです。


by naochago | 2011-04-15 03:49 | 田代島猫景色 続編


<< 田代島猫景色(続編 24) 番...      田代島猫景色(続編 22) O... >>