Cats in Town Blog

naochago.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 07月 20日

田代島猫景色(続編 30) 石巻で「田代島猫景色」の写真展示をやります。

d0149713_2383020.jpg


7月31日・8月1日の川開きに合わせて、その前後2週間、石巻市内で田代島猫景色の写真展示を行います。

「癒しの写真展@こだまホスピタル  〜田代島の猫たち〜 」
 期間:7月25日(月)〜8月7日(日)
 場所:医療法人有恒会 こだまホスピタル1階アトリウムホール

名古屋でのグループ写真展以降、他でもぜひ写真展を開いて欲しいという声をいただいていました。
naochago 個人としては、その中で被災地であり、また田代島への入り口である石巻市で開催できないか模索していました。同時にやって良いものかどうか、やって喜んでもらえるのか、いろいろ思案していました。そんな中で、個人的に手伝っているボランティア団体の支援活動がきっかけでこだまホスピタルの院長先生とお話しする機会があり、ぜひ病院のスペースでやってみないかというお話しをいただいたのです。

こだまホスピタルは、メンタル面の治療や老人介護を提供している医療施設で、院長先生は今回の震災後、地域の方々の心の癒しのために病院のスペースを提供したいとずっと考えていらっしゃったとのこと。元々開かれた医療施設、誰でも立ち寄れる場所であることを理念に病院の1階は吹き抜けのアトリウムホールになっていて、ミニコンサートなどもできる設計になっています。院長先生自ら、そのスペースで市民の方がすこしでも心和らぐ機会を提供できないか、医療サービスを受けない方でもどんどん気軽にアトリウムホールを使って欲しい、とおっしゃいます。

通常のギャラリースペースでの展示に比べれば制約も大きいし、照明などもベストな状態にはできません。何よりも、素敵なアトリウムとは言え病院という建物の中で見に来ていただけるのか。未知なこと不安なことはいろいろありますが、被災地ど真ん中の石巻で展示を行う一つの可能性なのではないかと考え、チャレンジしてみることにしました。

期間は川開きを中心に前後2週間としました。「東日本大震災で亡くなった方々を供養し、新しい石巻をつくる勇気と希望を市民に与え、祭りを石巻再生の大きなスタートにしたいという観点で東日本大震災の供養(慰霊)と復興に主眼を置いて開催 」という川開きの主旨に沿い、少しでも呼応したいという意図を込めました。
こだまホスピタルでは、どなたでも大歓迎、診察がない日曜日も展示のためにアトリウムは開放しているので気軽にどうぞ、との事です。
住所・アクセスは下記からどうぞ。
http://www.kodama-hp.com/access/index.html

写真は、やんちゃ者のタロウと仲むつまじく大泊で子育てしているムクムクのクロちゃん。1年ちょい前の大あくびです。
あ、そうそう、こだまホスピタルの院長先生は「若い頃から」(笑)休日にはよく田代島にでかけ、猫たちもおなじみだそうです。(^_^)v

by naochago | 2011-07-20 23:16 | 田代島猫景色 続編


<< 田代島猫景色(続編 31) 石...      田代島猫景色(続編 29) 田... >>