Cats in Town Blog

naochago.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 08月 24日

田代島猫景色(続編 32) 獣医さんとの訪問1

先日ニャンプロブログでさとうさんがご紹介されていましたが、先週後半に獣医さんをお連れして田代島を訪問してきました。
獣医さんはこちらの先生。
http://www.forpets.jp/special_c04.html
ドイツでずっと獣医師をなさっていますが、定期的に東京の動物病院でも客員診療をされています。西洋医学に加えて自然療法というホリスティックなアプローチも得意とされる方です。実は僕の愛猫カプチーノがずっとお世話になっていた広尾セントラル病院の院長先生の後輩でいらっしゃいます。
以前から田代島のファンだったそうなのですが、震災後のさまざま状況に触れるうちに、できればボランティアの訪問獣医師として島の猫たちやみなさんの役に立てればという思いが募り、コンタクトを頂いたのが5月頃。
6月に支援で訪問した際にニャンプロメンバーの方々とお話しさせていただき、ニャンプロでも皆さんから支援いただいている基金の一部を猫たちの薬などにも役立てていく方針であることから、今回の訪問となりました。(獣医さんの訪問自体はボランティアです。)

まずはニャンプロブログでおなじみの三毛猫えみちゃんの診察。
d0149713_23222842.jpg


一時はかなり衰弱していたえみちゃんですが、順調に回復しているようです。目線もしっかりしていて美猫さんです。
d0149713_23224910.jpg


それから島内を2日かけてくまなく猫たちの診察・治療。

この猫はいつも目やにが出ていてね〜。
d0149713_23233623.jpg


どれどれ、この子も目を診察。
d0149713_2355969.jpg


おかあさん、獣医師の先生が訪問診療に来てくださいましたよ〜。
そうかい。遠いところをありがたいね〜。
d0149713_2323982.jpg


中には少々体調を崩していて具合の悪い猫も。
体を触らしてくれる猫には抗生物質の注射や薬などの治療が行われました。
たれ耳ジャックのお兄さんのユメタロウくんも、少し体調を崩していたので、2日間の注射とご飯に混ぜる薬を処方。
d0149713_2331284.jpg

具合の悪い猫たちも、早く元気になろうね〜。

ところで、訪問した日、大きな地震がありました。
震源地は福島の沖という事でしたが、一時宮城県にも津波注意報が発令され、島の方を含めみんなでしばらく固唾を呑んで高台から海を見守りました。
驚いたのは地鳴りの大きさ。揺れ始める直前から、どこで鳴っているともわからない不気味で大きなゴゴゴゴゴという音が周囲に響き渡ります。揺れている間もこの音は鳴り響き、地鳴りの音と揺れで、耳でも体でも、全身で地震のエネルギーを感じます。それからやがてみんなの携帯電話の緊急地震速報のアラーム音が鳴り始める・・・。
東京のマンションで感じる地震は「建物が揺れている」というものですが、この地鳴りは、まさに大地の巨大なエネルギーが広範囲で動いていることを感じさせます。
島の方も、地鳴りの大きさは311以来久しぶりだったとおっしゃっていました。
すごい体験でした。

by naochago | 2011-08-24 23:38 | 田代島猫景色 続編


<< 田代島猫景色(続編 33) 3...      田代島猫景色(続編 31) 石... >>