Cats in Town Blog

naochago.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 12月 15日

田代島猫景色(続編35)港のシロもじゃくん

田代島仁斗田の港には、毎朝大勢の猫たちが集まりますが、その中でも目立つ存在がこのシロもじゃくんです。
なぜ目立つのか?それは・・・「白い・長い・太い」からです。
d0149713_23484128.jpg

黒白と黒ネコが圧倒的に多い田代島の猫たちの中にあって、シロもじゃくんは、全身がほとんど真っ白。黒い部分もあるのですが、黒と言うより薄いグレーで、遠くから見ると白猫に見えます。
それから、毛が長い。白くてふさふさの毛が全身を覆っています。
そして見れば一目瞭然のこの「シッポ」
d0149713_2349847.jpg

見事にボディとツートンカラーになったこの太くて長くてモップの様なシッポ。このグレーのシッポをぴ〜んと立てて歩いてくるので、遠くからでもすぐにわかります。

シロもじゃくんは、まだ1歳ほど。去年の夏頃に生まれたのでしょう。今年の7月に訪問した時には、まだ仔猫のあどけなさを残していました。その時の写真がこちら。
d0149713_23492818.jpg

それが夏の間にすっかり大きくなって、たくましい若ネコに成長しました。

そして、みなさんに是非知って欲しいシロもじゃくんの特徴・・・それは性格。
肝が据わっていて、と〜っても人懐こい。この二つがシロもじゃくんの特徴です。

シロもじゃくんは、かなり体格が良く、さらに毛が長くて大きく見えるので、港でちょこちょこ小競り合いをしているオス猫にときどきからまれます。そんな時、シロもじゃくんは、あまり動じることなく正面から向かい合って、多くの場合は勝っちゃいます。
こちらの写真、ケンカを売ったのは左側の猫なんですが、どちらが優勢かは一目瞭然。
d0149713_23501598.jpg

シロもじゃくん、あまりケンカに反応せず動じないので、もしかしてまだ仔猫だから事の重大さがわかってないんじゃないか?と思ったのですが、時折本気になることもあるので、そうでは無い模様。かなり肝の据わった猫なんですね。もしかしたら、そのうちボス猫候補になるかもしれません。

そしてもう一つ。とてもとても人懐こい。
僕はすっかり仲良くなったシロもじゃくんをよくなでているのですが・・・

あ、シロもじゃくんやってきました。
d0149713_23505550.jpg

なでていると・・・
d0149713_23511153.jpg

ペロペロペロ・・・
d0149713_23512781.jpg

と思ったら・・・
ハグ!
d0149713_23514988.jpg

ハグハグハグ!
d0149713_235296.jpg

シロもじゃくん、そりゃサカナじゃないぜ、オレの指だぜ。
ひとしきり僕の指をハグハグして満足してまた歩いて行きました。(^^ゞ
こんなに人懐こい猫です。

ちなみにシロもじゃくんには、これまたそっくりな兄弟がいます。
こちら。
d0149713_23522662.jpg

顔の右ほっぺに模様があるのと、黒い部分が濃いのが違い。
それにもまして性格は大違いで、こちらの猫はとても臆病で警戒心が強く、なでることはまずできません。兄弟でも随分違うタイプに育ちました。

シロもじゃくんは、大体いつも港にいます。
田代島に行かれることがあったら、港のシロもじゃくんを捜してみてください。愛想良くハグハグしてくれるかもしれません。(^^ゞ (ルールなのでエサあげちゃダメですよ。)
港のシロもじゃくんをよろしく。
d0149713_23495747.jpg


by naochago | 2011-12-15 23:58 | 田代島猫景色 続編


<< 2012年に思うこと      田代島猫景色(続編 34) 田... >>