カテゴリ:田代島猫景色( 21 )


2010年 02月 22日

写真集「田代島猫景色」を出します。

d0149713_21522128.jpg


2月27日に、写真集「田代島猫景色」を出します。
「漁港の猫たち」として撮り続けてきた宮城県田代島の猫たちの写真集です。
「にゃんこ The Movie DVD」の「たれ耳ジャック」で有名になった田代島。
naochago は、この島の人々と猫たちが自然に一緒に暮らしている姿に惹かれて写真を撮り続けて来ました。

猫は、昔から人間の暮らしの周辺にいるパートナーアニマルです。しかし、人のライフスタイルが
変わるにつれて、人と猫との関係も変わり、猫の暮らし方も変わりました。場所によっては、
猫たちが街中には居づらくなってきているところもあります。

特に都市部では、猫たちは多くの温かい人々の好意や支援に支えられて暮らしていますが
同時に去勢や避妊も進み、人間の手によって生存の仕方が変わって来ているのも確かです。
naochago が暮らしている街でも、ボランティアの方々のおかげで、猫たちは比較的穏やかに健康に
日々を暮らしていますが、ほとんどの猫が去勢と避妊を済ませ、あと10年、20年経ったら
街中で猫たちの姿を見かけることはなくなるのだろうか、とふと思います。

田代島には、昔ながらの猫と人とのおおらかな関係が、今でも生きています。
島の人々は、猫たちの存在を、島の生活の一部として自然に認めて受け入れています。
だから猫たちは、人を恐れることも卑屈になることも狡猾になることもなく、のびのびと暮らしています。
堂々と港を歩き、サカナをねだり、昼寝をし、ケンカをし、優しい漁師さんに甘え、恋をし、子を育て、
猫らしく猫の生活を生きています。
厳しい面、過酷な面も多々ありますが、人の生活の周りで猫らしく生きることができる、この素敵な島の
猫たちの姿を写真集を通して伝えたい。それが naochago の願いです。
ぜひ一度ご覧ください。

以下出版情報です。

田代島猫景色 (単行本)
田中 良直 (著)
「タレ耳ジャックで有名になった宮城県田代島の猫たちを、愛情あふれる視線で
 四季を通して見つめた続けた写真集。たくましく生きる、のびやかな猫たちに出会えます。」

出版社: TOKIMEKIパブリッシング(角川グループパブリッシング) (2010/2/27)
ISBN-10: 4048951556
ISBN-13: 978-4048951555
発売日: 2010/2/27

明日からしばらく「写真集に掲載できなかったシリーズ」をこちらに掲載する予定です。(^^ゞ

田代島猫景色@Amazon.co.jp

by naochago | 2010-02-22 22:47 | 田代島猫景色 | Comments(3)
2010年 01月 25日

親子のひととき

d0149713_22484713.jpg


久々の更新です。
実は naochago は、今度写真集を出すことになり
ここ2ヶ月近くそちらにかかりっきりになっておりました。
そんなこんなで、1月も後半に入ってからようやく年明け初の更新です。

12月から、昨年1年間に撮った写真をすべて見直して
写真集に載せる写真をセレクトしていたのですが
我ながらよくこんなに撮るなー、というほどたくさんの写真があります。(^^ゞ

先日コメントをいただいたとおり、「狙ったら逃さない」ですが
写真をセレクトするのも大変な仕事。
でも、今年もたくさん撮りますよ〜。(^^ゞ

by naochago | 2010-01-25 22:49 | 田代島猫景色 | Comments(4)
2009年 12月 20日

しばしお待ちを・・・

d0149713_0535536.jpg


naochago は、いつもの漁港から帰って来てから とあるプロジェクトに取り組んでいます。
しばらく更新が滞りますが もう少ししたら Good News をお知らせできると思います。
しばしお待ちを・・・

by naochago | 2009-12-20 00:56 | 田代島猫景色 | Comments(0)
2009年 11月 30日

漁港便り2

d0149713_2352187.jpg


天気の良い小春日和のお昼
雨上がりの澄んだ空気のなか 
港の風景はまるで夏の日射しの中のよう

d0149713_23501610.jpg


でも ふと空を見上げると
高い高い秋の空

d0149713_23524368.jpg


あっという間に日は傾き
あたりは黄金色に染まり
ながいながい影と共に
冬の気配が忍び寄る


d0149713_23561676.jpg


そして港は静寂へ。

by naochago | 2009-11-30 00:01 | 田代島猫景色 | Comments(0)
2009年 11月 25日

漁港便り

d0149713_9461676.jpg


naochago は また島の漁港のねこたちに会いに来ています。

d0149713_944375.jpg


ここ数日は小春日和が続いて 昼間の陽気はぽかぽか
ねこたちも 陽射しを浴びて思い思いにくつろぎのポーズ

d0149713_9502494.jpg


姿を見かけなくなってしまった仔猫
たくましく大きくなっている仔猫
まだお乳を飲んでいてこの先がちょっと心配な仔猫

d0149713_1092716.jpg


春から夏が過ぎ 冬の一歩手前まで来た時の流れ
この先の季節は何が待ち受けているのだろう

by naochago | 2009-11-25 20:38 | 田代島猫景色 | Comments(2)
2009年 09月 24日

視線

d0149713_15585510.jpg


仔猫はかわいい。 かわいいだけではない。
仔猫の視線からは 実にさまざまな 内面の感情や行動を感じる。
好奇心 疑問 問いかけ 甘え おびえ そして生きる意志。
あなたは 仔猫の視線から 何を感じるだろうか。

by naochago | 2009-09-24 16:03 | 田代島猫景色 | Comments(3)
2009年 08月 09日

ひざにのる子たち

d0149713_2413113.jpg


1週間ぶりのエントリーです。サイト開設後少々取り込んでおりました。

さてさて、猫たちを撮っていると、時折とてもとても距離が近くなるニャンがいます。

naochaogo は、数多くの猫たちとかなり近い距離を保てる気がしていますが
(もちろん、絶対距離を縮めてくれないニャンもいます)
こちらがそう思うまもなくどんどん距離を詰めてきちゃうニャンもいます。

ある意味、人間の常識にとらわれた思考を無視するかのように
突如大胆に懐に飛び込んでくるのが猫たちの魅力。
自由で豊かな感性を持つ人間はそこに共感し、
合理的な思考をする人間はそのカルチャーショックにやられてしまうのです。(たぶん 笑)

上の写真は、サイトに載せた漁港で写真を撮っていた時。
膝をついて写真を撮っていた naochago がなんか暖かく重いモノを感じて
ファインダーから目をやると左膝にロシアンブルーの様なこの子がのっていました。
あれ? 君はさっきあっちにいた・・いつの間に来たん?? 
で、当然ですがしばら〜く膝からはおりてくれません。(^^ゞ


もう1枚。

d0149713_2545435.jpg


先日アップした仔猫。
砂浜で走り回っているこの仔猫にレンズを向けていたところ、
突如こちらを向き、ととととと・・と、どんどん近づいてきて
(その間に近づいてきてピントが合わなくなってぼけていく写真が何枚もありますが。笑) 
そのまま naocnago の膝の間に来ると、ころんと横になってこちらを見上げます。
なんというか、もう、猫ならではの行動。(^^ゞ

by naochago | 2009-08-09 03:09 | 田代島猫景色 | Comments(2)
2009年 06月 19日

ガチンコ

d0149713_2303224.jpg


試合前の K1 ファイターのようなふたり
勝敗は明らかだけど (^^ゞ


naochago は最近いろんな方々に
写真を見せる機会が多くなってきたのですが
それぞれの方の写真を見る視点の違いをつくづくと感じます。

こんなガチンコ写真にも ねこ達への愛おしさを感じる人たちとともに
ねこ達の写真を撮っていきたい と近頃よく思います。

by naochago | 2009-06-19 15:16 | 田代島猫景色 | Comments(12)
2009年 06月 13日

まなざし

d0149713_2322373.jpg


見上げているまなざしに 胸がキュン


<お知らせ>
naochago の写真をミュージッククリップに使っていただきました。
http://www.youtube.com/watch?v=P9WLsEuOcVc
女性ボーカルとギターのポップデュオ L'uri (ルリ)の
セカンドアルバム「Fool's Journey/フールズ・ジャーニー」
(2009年5月20日 発売)の収録曲です。
You're like me.  そうだね〜。

by naochago | 2009-06-13 22:28 | 田代島猫景色 | Comments(7)
2009年 06月 05日

風よし 波よし 天気よし

d0149713_234811.jpg


ニャーフィンにでかけるか!

by naochago | 2009-06-05 11:52 | 田代島猫景色 | Comments(6)