<   2012年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2012年 11月 26日

田代島猫景色 (続編50) にゃんフォトコンテスト展示中!

先日入賞作品発表した田代島にゃんフォトコンテストですが、田代島の仁斗田港の開発センター体育館にて展示中です。
展示風景はこんな感じ。
d0149713_1836140.jpg


先日お伝えしたとおり、素晴らしい写真ばかりです。
d0149713_18435538.jpg


こちらが入賞作品のコーナー。
(及川さんの入賞作品が他の作品と間違えて展示されていますが、この後修正しました。)
d0149713_18361629.jpg


また、一部猫ミュージアムの寄贈作品の展示も開始しました。
猫ミュージアムは、島の中央の体育館を利用する予定ですが、現在手続き中なので、寄贈いただいた作品をにゃんフォトコンテスト作品といっしょに展示しています。

こちらは福岡から作品を寄贈いただいた「手作り工房ねこのて」さんのコーナー。
d0149713_18363455.jpg

d0149713_18364990.jpg

個性的な猫たちがとても魅力的。


こちらは石猫作家の「あまのしずか」さんの作品。田代島猫ミュージアムのためにたれ耳ジャックを含め作品を制作いただきました。
d0149713_1837514.jpg


このほか、新美敬子さん、飯窪敏彦さんの作品も展示中。来月から僕の作品も展示します。
にゃんフォトコンテストは、今月いっぱいの展示予定ですが、他の地域でも展示できるかもしれません。いくつかお話をいただいています。決まり次第こちらでお知らせします。

今日はもう二つお知らせ。
ひとつめ。
10月の第1回田代島猫巡りツアーの参加者3名が「猫巡りツアー報告展」を開くことになりました。
参加者のお一人が北海道の小樽でギャラリーをお持ちで、そちらで展示します。
僕もいくつか作品を出展します。小樽近辺にお住まいの方はどうぞお越しください。
d0149713_18372639.jpg


ふたつめ。
12月2日に開かれる「にゃんにゃんフェスタ」に作品を出展します。
「にゃんにゃんフェスタ」は、住宅関連の企業の後援で開かれる「愛猫との幸せな暮らし方」を提案するイベントです。先日の猫巡りツアーにご参加いただいた「わんにゃん健康住宅研究所」の清水さんがコーディネートをされています。
d0149713_18451980.jpg

広い会場なので、「田代島猫景色」の展示コーナーを設けていただきました。田代島の猫たち、島の人々の暮らし、震災の前後の様子、など70〜80枚の展示を予定しています。
残念ながら僕は当日会場には出向けず、展示も1日だけですが、よろしければ是非お越しください。

by naochago | 2012-11-26 18:46 | 田代島猫景色 続編 | Comments(2)
2012年 11月 17日

田代島猫景色 (続編49) にゃんフォトコンテスト入賞発表です!

お待たせしました。
2012年田代島にゃんフォトコンテストの発表です。
ブログの掲載スペース等の都合から事務局田中のブログで発表させていただきます。
(作品プリントを、濱屋さんにて撮影したものですので、全般的に少しネムい状態になっています。また一部作品に照明の写り込みがありますがご容赦ください。)

はじめに最優秀賞です。

最優秀賞
尾崎彰久さん 神奈川県川崎市
「気持ちのいい朝」
d0149713_12545467.jpg

審査員の満場一致で最優秀賞に選ばれたのが、尾崎さんのこちらの作品です。
快晴の仁斗田港の朝焼けの中、気持ちよくノビをする猫の姿をとらえた素晴らしい作品です。
構図、猫の表情、色彩、お天気、シャッターチャンス供に見事な瞬間です。
尾崎さんの作品コメントです。
「11月も下旬になり朝晩の冷え込みも厳しくなってきましたが早朝港へ行ってみると・・・。
もう朝のストレッチの真最中でした。
お魚争奪戦の準備はできたかな・・・。」

次点はデッドヒートで審査員の再投票の結果、次の2作品が選ばれました。

新美敬子賞
菊池容子さん 宮城県仙台市
「Baby」
d0149713_12551257.jpg


にゃんこ・ザ・ムービー賞
田尻楓美さん
「気持ちいいにゃあ」
d0149713_1255307.jpg


菊池さんの作品は、仔猫の愛らしさ、あどけなさと、母猫でしょうか、一瞬の鼻タッチの瞬間をとらえた愛情溢れる作品です。
撮影位置の選択、レンズの選択供に素晴らしいです。仔猫の肉球が見えているのもかわいらしいですね。
菊池さんの作品コメントです。
「その日会った中で一番小さい子猫のとっても愛らしい後ろ姿と親猫らしき猫との心温まる一枚です。」

田尻さんの作品は、あくびの瞬間をとらえた作品。猫の表情がとても魅力的です。
背景に港の海が見える抜けの良い坂の上。審査員から「撮影ポイントがうまいですね。」という声も上がっていました。
田尻さんの作品コメントです。
「2011年3月12、13日で仙台、田代島を尋ねる予定でしたが震災のため訪問できませんでした。
丁度一年後になって初めて島を訪れた際の写真です。気持ちよさそうにひなたぼっこをしている猫の笑顔(?)を見て、来て良かった、また来たい、と思いました。」


そしてその他の賞の発表です。

飯窪敏彦賞
荒川典久さん
「猫とヒトデ」
d0149713_12555357.jpg

荒川さんは、とてもアーティスティックな5作品を応募いただきました。
高い技術をお持ちで独自のスタイルを築いていらっしゃり、審査員一同から高い評価がありました。
荒川さんの作品コメントです。
「仁斗田の港に干されていたヒトデと、そこにやってきた浜猫です。
漁で網にかかった邪魔者のヒトデを畑の肥料にするのだと、干しているおばあちゃんに聞きました。」

田中良直賞1
大塚義孝さん
「絆」
d0149713_1256159.jpg

大塚さんの作品は、網元のお父さんとちゃめこちゃんのアイコンタクトをとらえた作品。田代島の猫たちと島の方々の関係を象徴する「絆」というタイトルに相応しい作品です。
大塚さんの作品コメントです。
「港で一匹だけ首輪をしたこの猫は、おじさんのお気に入り。
首輪も古い漁網と編んで作った一点物です。
そして、一番おいしい魚をもらえるのもこの猫の特権。
おなかがちょっとふくよかなのは、そのせいかもしれません。」

田中良直賞2
亀田雅世さん
「トビウオニトビツク」
d0149713_12563073.jpg

亀田さんの作品は、大きなサカナをしっかりくわえた黒ネコの迫力ある写真。田代島の猫たちを象徴するシーン。都会ではすっかり見られなくなった「おさかなくわえたドラネコが~♪」の世界です。
亀田さんの作品コメントです。
「目の前にあらわれたトビウオに驚いていたら黒ネコさんはトビウオの頭からガブッといきました!
そして大きなトビウオを器用に運んでいました。」

田中良直賞3
及川香奈さん
「じゃーんぷ ! !」
d0149713_12565118.jpg

及川さんの作品は、白モジャくんがまだ小さい頃のジャンプ写真。白モジャくんのぬいぐるみのようなかわいらしさと天真爛漫な無邪気さを一瞬のジャンプの中にとらえていて素晴らしい作品です。及川さんはこのほかにも白モジャくんとの一連の作品を応募くださり、仔猫の頃からずっと撮り続けている仲の良さと信頼関係が伺えました。僕のイチオシです。(^_^)v
及川さんの作品コメントです。
「(注)着ぐるみではありません、猫です。
震災前に出会った、元気な子猫。
今も変わらずに元気でいてくれて嬉しいです。
これからもよろしく。」

Puchinya賞
柏木幸江さん 神奈川県
「朝食」
d0149713_1257822.jpg

Puchinya賞に選ばれたのは柏木さんのこちらの作品。こちらも田代島ならではの朝の風景です。
この網の色と黒猫って良く合うんですよね。(^^ゞ
柏木さんの作品コメントです。
「新鮮な魚をくわえ、矢のように走り去って行きました。
強い生命力を感じました。」

先日の審査会報告に書いたとおり、今年は応募作品数は例年よりも少なかったものの、とてもレベルの高い素晴らしい作品ばかりでした。
震災後も田代島を応援してくださる皆さま、そして田代島の猫たちのことをよく知っていて、継続して訪問いただき写真を撮られている作品ばかりでした。
みなさんのご参加に、心から感謝いたします。

また、この場を借りて、実行委員長の濱さん、にゃんこ共和国の理事一同からも、みなさんのご支援・ご参加に心から感謝申し上げます。
どうもありがとうございました。

by naochago | 2012-11-17 13:01 | 田代島猫景色 続編 | Comments(12)
2012年 11月 12日

田代島猫景色 (続編48) にゃんフォトコンテスト審査中です〜。

さて、本日は田代島にゃんフォトコンテストの審査会。
猫写真家の新美敬子さん、にゃんこザムービーのプロデューサー松本さん、写真家の飯窪さん、飛び入りでゲスト参加のフォトグラファーHARUKIさん、そして僕の5名が、審査会に向かうべくお昼前の石巻に集合しました。

ところが・・・
今日は強風のため朝から網地島ラインは欠航。
お昼も風はやまずに欠航。
う〜ん、夕方までに風とうねりが収まって無事田代島に渡れるか・・・、という事態になりました。

そして・・・
午後一時風向きが変わって海が凪ぐ時間帯があるので、鮎川まで来てくれという田代島濱さんからの連絡。一行は車で鮎川に向かいました。
午後の一瞬の時をとらえて、濱さんに釣り船で鮎川まで向かえに来ていただき、一行は波をかぶりながら田代島に無事到着しました。
僕も長年、たぶん50回ぐらいは田代島に来ていると思いますが、こういう上陸は始めて。波乱の審査会の幕開けとなりました。(^^ゞ

濱屋の大広間で審査会の開始。
写真は、審査会も後半の様子。左から実行委員長濱さん、新美さん、松本さん、飯窪さんです。
d0149713_18434630.jpg

今年は募集時期が遅かったので、例年よりも応募作品は少なめでしたが、作品はどれも素晴らしいものばかり。新美さんも「今年は今までで一番レベルが高いですね〜」と感想を漏らしていました。
さて、最優秀作品は・・・?発表をお楽しみに〜。

波乱の上陸となりましたが、いつも通りハチとチョビヒゲ一家が港で出迎えてくれました。仔猫たちも風邪を引いている子は見あたらず、みんな元気です。
d0149713_1845381.jpg


また近日発表お知らせしますのでお楽しみに〜。(^^ゞ

by naochago | 2012-11-12 18:48 | 田代島猫景色 続編 | Comments(4)
2012年 11月 03日

田代島猫景色 (続編47) 速報!ジミーちゃん順調に回復中!

みなさん こんばんは。
今日は嬉しいレポートのご紹介。
いつも僕のブログにコメントをくださる「ふのりさん」から今日のお昼に嬉しいメールが!
---------
本日 晴天の田代島におります。
オペしていただいたジミーちゃんの状態です

あんにひどかった創部は乾燥してきてます。
何よりジミーちゃん目力が出てきましたよ。
食欲も旺盛です。
島のおじさんも
もうダイジョブだーと言ってました。
---------

ジミーちゃん、つまり首にひどいケガをしていて、先日クレス先生と近藤先生に簡易手術をしていただいた猫です。
「地味で派手さはないけれど味がある」ということでジミーちゃんという名前で呼ばれていました。
そして今日田代島を訪問したふのりさんが元気に回復している姿を確認してくださいました。
こちらが、ふのりさんが送ってくださった写真です。
d0149713_21432086.jpg


まだ真っ赤になっていますが、傷口はふさがって化膿もなく、順調に回復しています。
左の肩のあたりの毛が生えていないうすピンクの部分は、傷が治ってできてきた新しい皮膚のようです。
前回はかなり化膿していた部分。毛並みもずっと良くなってきてしっかり回復しています。
よかった〜!!
嬉しいご報告でした。
ふのりさん、現地からのレポートメールありがとうございました。
島の滞在を楽しんできてください。(^_^)v

by naochago | 2012-11-03 21:44 | 田代島猫景色 続編 | Comments(6)