タグ:田代島 ( 23 ) タグの人気記事


2011年 07月 31日

田代島猫景色(続編 31) 石巻の展示はあと1週間

今日明日は石巻の川開き祭りです。
今年は規模を縮小し、震災被害者の鎮魂と、復興に向けて再スタートのシンボルにするお祭りになりました。
きっと大勢の方が、4ヶ月前のあの日を思い起こし、この4ヶ月を振り返り、これからの日々に思いを巡らせることでしょう。
naochago の知人は、夕方からの灯籠流しに「涙がとまらない」と言っていました。
沢山の涙と沢山の想いをのせて、灯籠が北上川を下っていったことでしょう。
今日明日の川開き祭りが、石巻の人々の心を癒し、この大きな出来事にひとつの区切りをつけ、これから向かい合っていく日々への新たな思いを強くするひとときとなりますことを。


川開きの開催に合わせたささやかな癒しの写真展「〜田代島の猫たち〜田中良直写真展」は、今週いっぱいこだまホスピタルのアトリウムホールで開催しています。
猫たちの姿に、少しでも人々の心に笑顔が増えますように。


d0149713_22283623.jpg

こだまホスピタルのアトリウムホールは、トップライトが差し込む広々とした空間です。
まるでショッピングモールの中にいるようです。


d0149713_22281853.jpg

入り口にはこの目印。


d0149713_22284724.jpg

アトリウムの壁面数カ所に、40点ほどの猫たちが待っています。
お時間のある方はどうぞのんびりご覧ください。

by naochago | 2011-07-31 22:33 | 田代島猫景色 続編 | Comments(2)
2011年 07月 20日

田代島猫景色(続編 30) 石巻で「田代島猫景色」の写真展示をやります。

d0149713_2383020.jpg


7月31日・8月1日の川開きに合わせて、その前後2週間、石巻市内で田代島猫景色の写真展示を行います。

「癒しの写真展@こだまホスピタル  〜田代島の猫たち〜 」
 期間:7月25日(月)〜8月7日(日)
 場所:医療法人有恒会 こだまホスピタル1階アトリウムホール

名古屋でのグループ写真展以降、他でもぜひ写真展を開いて欲しいという声をいただいていました。
naochago 個人としては、その中で被災地であり、また田代島への入り口である石巻市で開催できないか模索していました。同時にやって良いものかどうか、やって喜んでもらえるのか、いろいろ思案していました。そんな中で、個人的に手伝っているボランティア団体の支援活動がきっかけでこだまホスピタルの院長先生とお話しする機会があり、ぜひ病院のスペースでやってみないかというお話しをいただいたのです。

こだまホスピタルは、メンタル面の治療や老人介護を提供している医療施設で、院長先生は今回の震災後、地域の方々の心の癒しのために病院のスペースを提供したいとずっと考えていらっしゃったとのこと。元々開かれた医療施設、誰でも立ち寄れる場所であることを理念に病院の1階は吹き抜けのアトリウムホールになっていて、ミニコンサートなどもできる設計になっています。院長先生自ら、そのスペースで市民の方がすこしでも心和らぐ機会を提供できないか、医療サービスを受けない方でもどんどん気軽にアトリウムホールを使って欲しい、とおっしゃいます。

通常のギャラリースペースでの展示に比べれば制約も大きいし、照明などもベストな状態にはできません。何よりも、素敵なアトリウムとは言え病院という建物の中で見に来ていただけるのか。未知なこと不安なことはいろいろありますが、被災地ど真ん中の石巻で展示を行う一つの可能性なのではないかと考え、チャレンジしてみることにしました。

期間は川開きを中心に前後2週間としました。「東日本大震災で亡くなった方々を供養し、新しい石巻をつくる勇気と希望を市民に与え、祭りを石巻再生の大きなスタートにしたいという観点で東日本大震災の供養(慰霊)と復興に主眼を置いて開催 」という川開きの主旨に沿い、少しでも呼応したいという意図を込めました。
こだまホスピタルでは、どなたでも大歓迎、診察がない日曜日も展示のためにアトリウムは開放しているので気軽にどうぞ、との事です。
住所・アクセスは下記からどうぞ。
http://www.kodama-hp.com/access/index.html

写真は、やんちゃ者のタロウと仲むつまじく大泊で子育てしているムクムクのクロちゃん。1年ちょい前の大あくびです。
あ、そうそう、こだまホスピタルの院長先生は「若い頃から」(笑)休日にはよく田代島にでかけ、猫たちもおなじみだそうです。(^_^)v

by naochago | 2011-07-20 23:16 | 田代島猫景色 続編 | Comments(4)
2011年 07月 05日

田代島猫景色(続編 29) 田代島に行ってきました。

naochago は、この週末も石巻〜牡鹿半島に支援に行きましたが、
その活動の一環で田代島に半日お邪魔してきました。
事務局として手伝っているボランティア団体の活動、および個人として企画している
いくつかの支援活動について、島の方々の意見を伺い打ち合わせを行うためです。

マーメイドは、浸水の大きい大泊港には止まらず、まっすぐ仁斗田へ。
船の上から見ると、仁斗田港はそれほど大きく変わったようには見えませんが、
よく見れば牡蠣の作業を行う小屋が壊れていることや、番屋の1階がベニヤ板で
止められていることなどがわかります。
やっぱり船がちょっと減ったかな〜。
d0149713_151762.jpg

これまで約3ヶ月の間にずっと見てきた壊滅的被害を受けた地域、たとえば
石巻の沿岸部、牡鹿半島の桃浦や荻浜から鮎川に向けての集落や、女川町、南三陸町などの
エリアに比べれば、相対的に被害が小さかったことに感謝せざるを得ません。

とはいえ、被害が無かったわけではもちろんありません。
大泊では結構な数の家屋が半壊から全壊の状態ですし、島では水道もまだ復旧していません。
飲み水は網地島ラインで運ばれてくる支援物資が頼り。生活用水は井戸水を利用していますが、
井戸水をくみ上げることは重労働です。
電気は、気温が高くなったことから冷蔵庫の利用が必須なため24時間利用可能になりましたが、
東北電力から提供をうけている発電機で起こしている状態はまだ変わっていません。
地震による地割れと地盤沈下で桟橋や堤防も被害があります。
こちらの写真は帰り際。以前船着き場だった所が冠水しています。これは4時頃の写真ですが
満潮は夜中の1時頃なのでさらに50センチほど潮位が上がっているはずです。
d0149713_2114060.jpg


それでも naochago には、島の皆さんが田代島らしい力強さとおおらかさでこの状況を
乗り越えていっていることが感じられました。
数は限定的ですけれど新しい縄を仕入れて、1ヶ月以上遅れていますけれど稚牡蠣の仕込みの準備を
淡々と始めていました。残念ながら、今回を機にもう牡蠣養殖は辞めるわ、と決めた方もいらしゃいますが、
絶望と不安に悩まされているという訳ではない。
被害の状況や、表に出せない胸の内、秘めたる想い、いろんな複雑なことが重なり合っている被災地では、
そとから来る人間が軽々しく短絡的なことは決して言えませんが、僕には田代島の皆さんが
田代島らしくおおらかにこれからの生活を創っていくように感じられました。
僕は、やっぱりこの島と、この島の人々と、そしてもちろん、この島の猫たちが大好きです。

半日の滞在の間、なんだかんだといろんな方のお話を伺い打ち合わせをしていたので、
猫たちの写真を撮る時間はほとんど無し。元々今回はカメラも1台、レンズも1台しか持ってこなかったし、
猫たちの写真は今回は無しです。


・・・
と言うわけにはさすがに行きませんよね。(^^ゞ 限られたわずかの時間に撮った猫たちの写真です。
d0149713_2553089.jpg

この子は去年生まれたまだ若い猫ですが、田代島の猫には珍しく毛が長く、シッポもモップのように
ふさふさ。タヌキの子かな〜。
d0149713_2571164.jpg

ふさふさのシッポをピンっと立てて歩いてきて、ころんころんと甘えてるかわいらしいにゃんこ。
なんて名前がつくのかなー。(^^ゞ

d0149713_381390.jpg

この子は以前からおなじみのにゃんこ。
今回は時間もなく、また昼からとても暑くなったので猫たちにはあまり会えませんでした。
大泊でも、タロウ夫婦と仔猫たちには会えず。
d0149713_3122077.jpg

水道が回復し、いろんな事が落ち着いたら、またゆっくり会いに来るよ。

最後にもう1枚。
帰りの船の上から。穏やかな海です。
d0149713_3135818.jpg

先日アップした写真と見比べて見てください。
http://naochago.exblog.jp/13747821/
ここには1面、何千という牡蠣ダルが浮かび、漁師さんの船が忙しく行き来していたのです。
田代島の方だけでなく、牡鹿半島側からこの海域で牡蠣養殖をやってられた方もいました。
これから、きっと2年、3年とかかることでしょう。でも着実に、あの豊かな海の光景が戻って来ますよう。
どうぞ皆さんも、長い時間がかかるこの道のりの間、2011年3月からの田代島を、そして石巻を、
宮城や岩手や福島を、東北のことを忘れずにいてください。


----------------------------------
田代島 にゃんこ・ザ・プロジェクトのサイトはこちらです。
http://nyanpro.com/

民宿はま屋さんの見習い漁師、佐藤顕一さんのおさかな直売店はこちらです。
http://tashiro-hamaya.com/order.html

by naochago | 2011-07-05 03:29 | 田代島猫景色 続編 | Comments(6)